2016年11月28日 (月)

マニュアルメディスン機関誌Vol.99号原稿 その3

ブリーチ・スニフ・テスト(漂白剤嗅ぎテスト)

 

 アレルギー、自己免疫疾患、感染など何らかの炎症症状、神経学的問題、その他、何らかの病名の付いた、また病名のつかない慢性症状の場合に行う。

 

漂白剤=次亜塩素塩酸

OCI

 

漂白剤を嗅いで弱くなる場合

フリーラジカル(活性酸素)の病理

 

漂白剤を嗅いで強くなる場合

・免疫系の機能低下を示している

・身体は最適レベルを守り続けるためにより多くの活性酸素の生産を必要としている

・棘下筋の弱化(胸腺)

・胸腺組織

・ナイアシンアミド(NADPH

・他の免疫サポート物質

 

フリーラジカル(活性酸素)と炎症

 

フリーラジカルによるダメージ: 脂質、タンパク質、細胞膜、DNA

漂白剤スニフテストはしばしばアレルギーと過敏症で陽性になる

自己免疫疾患における組織破壊

 アレルギーは、ほとんどいつも自己免疫疾患の一要素である

・リウマチと骨関節炎

・クローン病

SLE(全身性エリテマトーデス)

・強皮症

・ある種の線維筋痛症と慢性疲労症候群

・多発性硬化症とその他の神経変性疾患

偽感染症:喉、肺、副鼻腔、尿管


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします

2016年11月17日 (木)

マニュアルメディスン機関誌Vol.99号原稿 その2

アンモニアと長距離アスリート―1

・アンモニアによる弱化は稀-ほとんどのアスリート

・クレアチニン経路の消耗

・スクリーニングとしては、アンモニア・スニフテストではカバーできない

・長距離アスリート(マラソン、トライアスリート)では、レースの数時間から数日に内に起こる

・レース中、アスリートはATPとクレアチンリン酸を含む貯蔵エネルギーを消耗する

・アルギニンは、尿素回路からグリシン‐リンと結合するように入れ替わる

・クレアチンリン酸

・グリシン、リン、可能性としてアルギニンを消耗する

 

アンモニアと長距離アスリート―2

・この消耗は、筋疲労によるアンモニアを増やす

・ゆっくりした回復過程

・競技会後の長距離アスリートで、アンモニアを嗅いで弱化し、アルギニンで強くなる場合:

テスト:

B-6P-5-P)、マグネシウム、ビオチン、アスパルテート、クエン酸回路要素、

・アルギニン充満のために必要なすべて

リン

・アンモニア‐弱化、アルギニン‐弱化、グリシン‐強い、の場合:

・グリシン補酵素(葉酸、B-2、マンガン、P-5-P)とリンをテストする

 

トニフィケーション・ポイント疼痛緩和テクニック

 

手首にある4つの脈診ポイント全てに同時にTLしたとき、左右いずれかで強い筋が弱化した場合:

1. 手首にある脈診ポイントを1回に一つずつTLしていき、強い筋が弱化する1つのポイントを特定する

2. 脈診ポイントと関連する経絡のアラームポイント(募穴)にTLし、強い筋を弱化させる1つのアラームポイントを特定する

3. アラームポイントに関連する経絡の適切なトニフィケーション・ポイントにTLすると強い筋が弱化する

4. 特定されたトニフィケーション・ポイントを痛みが軽減するまでタッピングする(4-5/秒)。(最大限の疼痛軽減効果を達成するには、1-3/秒の速さでのタッピングが必要かもしれない)

5. 痛みが十分に軽減しない場合:トニフィケーション・ポイントと同側の関連ポイントを同時にタッピングする(45/秒)。(最大効果を得るには13/秒の速さのタッピングが必要になるかもしれない)

6. 関連ポイントへのTLで強い筋が弱化する場合:隣接した脊椎分節にチャレンジし、適切にアジャストする


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします

2016年11月 8日 (火)

マニュアルメディスン機関誌Vol.99号原稿 その1

8QA(Quintessential Application)勉強会に参加して

天津中医薬大学日本校客員教授

石田昭治

 

 20151212日~13日に、東京で開業されている原口悟史先生(カイロプラクティック原口院長・マニュアルメディスン研究会正会員)を講師にお迎えして、表記の勉強会を神戸で開催しました。201111月から始まり今回で8回目、資料のQA(Quintessential Application)ビデオシリーズ全15巻、最終段階です。

 

感情ストレスが免疫機能に及ぼす影響と検査・対応テクニックについて

 

免疫と視床下部・感情ストレス・内臓の相互関係

 

 免疫系は視床下部に影響し、視床下部もまた免疫系に影響を与える。免疫系は、2次的に感情ストレスを起こしうるし、感情は視床下部に影響する。感情は免疫系に影響しうる。そして、免疫系は、中脳辺縁系経路を通じて感情に影響を及ぼす可能性がある。
 また、視床下部は、化学的にそして自律神経運動経路を通じて内臓に影響を与えうるし、内臓は、視床下部に、化学的にそして感覚経路を通じて影響しうる。

 それらの相互関係から、筋、クラニアル、TMJ、そして内臓のアンバランスが生じる。

 

アンモニア・スニフ・テスト(アンモニア嗅ぎテスト)

 

 人体においてアンモニアは、欠かすことが出来ないものであるが、老廃物でもあり代謝され取り除かれなければならないものでもある。

 アンモニアは、タンパク質代謝(アミノ酸の合成と分解)など、多くの代謝経路において重要な役割を果たし、3つの代謝経路によって排泄される。

・尿素回路

・プリン(- 尿酸)

・クレアチニン

 そこで、アンモニアを用いて、神経伝達物質の問題を含む何らかの神経学的問題、月経や月経前の水分鬱滞の問題、慢性または難治性の問題、長距離アスリートの問題を確かめるためにテストする。

 

強い筋肉を特定する

1. 嗅覚チャレンジを行なう:アンモニアを嗅ぐ-もし筋の弱化が起これば:

2. 弱化筋を強くするアンモニア代謝に関係する栄養素をテストする:

B-6 / P-5-Pモリブデン、鉄、CAC補助因子、B-1, B-2, B-3、マンガン、B-5、リポ酸、

ビオチン、マグネシウム、アルギナーゼ(マンガンを必要とする)

3. アンモニア・スニフ・テストでの弱化を打ち消す栄養素を特定するテストをする

4. アンモニア・スニフ・テストでの弱化を打ち消すチャップマン反射点を(TLによって)特定する

5. 患者がアンモニアを嗅いだ直後に特定されたチャップマン反射点をIRTによって治療する

6. 治療が正しく行われたか確認するためにアンモニアを嗅いで再チェックする

7. アンモニア・スニフ・テストでの弱化を打ち消す栄養素を摂取する。


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします

2016年9月21日 (水)

マニュアルメディスン機関誌Vol.98掲載原稿 その6

臨床例

 

41才男性

職業 公務員

体型 内胚葉型

既往症 腰痛

バイタルサイン 正常範囲内

 

主な症状と状況

・初検時の主訴である腰痛は楽になったが、健康維持の為に、週に1度くらいの割合で、来院

・残業や出張が多く、人間関係にストレスを感じている

・体全体に疲労感が続き、腰・首等に影響

・サブラクセーション PI-L

 

カイロプラクティック治療

・アジャストメント(ディファーシフアイド・テクニック)

・仙骨を調整 PI-L

・内分泌要素 肝臓VRPを調整 ・肝臓VRP関連筋を筋力検査(弱化)(写真1)

               ・ナイアシンアミドで調整(写真2)

               ・NLIRTで調整

 肝臓デトックス第1期部分参照

 

現在

・構造上での異常、肝臓機能ともに、正常になり、体全体の疲労感が軽減

・体が楽になってきたとのこと


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします。

2016年9月13日 (火)

マニュアルメディスン機関誌Vol.98掲載原稿 その5

肝臓デトックス 第1

1.肝臓VRPに関連した弱化筋

2.テスト;ナイアシンアミド、リボフラビン

3.内臓チャレンジ・テクニックと共に肝臓NLを治療する(IRT

・カフェイン(ナイアシンアミド、またはB-2で強くなる場合)

肝臓デトックス 第2a

1.肝臓VRPに関連する弱化筋

2.テスト:システイン、グルクロン酸(マグネシウム)

3.次のものと共に内臓チャレンジ・テクニックによる肝臓NL治療(IRT):

・システインで強くなる場合:

  ・ステロイドホルモン(またはグルタミン酸ナトリウム)

・グルクロン酸で強くなる場合:

  ・ステロイドホルモン、または安息香酸ナトリウム

肝臓デトックス-第2b

1. 肝臓VRPを摘む、または擦ると強くなる

2. 弱化筋を下記のものとテストする     下記のものとIRTで治療する

・グリシン・・・・・・・・アルギニン

・メチオニン・・・・・・・ヒスタミン

・酢酸・・・・・・・・・・アルデヒド

・グルタチオン・・・・・・悪性脂質

(副甲状腺のNL

 

有害物質は肝臓以外にも脳や腎臓、骨、脂肪組織などにも蓄積されるが、身体のほとんどの組織は、同じ解毒酵素をもっているため、肝臓以外の臓器に対しても同じようなテクニックが使える。

肝臓デトックスは、多くの場合でトリグリセリドやコレステロール、サイトカイン、ホモシステインなどとの関連を考慮しなければならない場合も多く、QAの中でも複雑な手順の一つといえる。

 

*セラピーローカリゼーションの略

**内臓関連痛部位

***ニューロリンパ反射(チャップマン反射と同じ)


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします。

2016年9月 3日 (土)

認定医試験の合格証明書が届きました

826日の記事で報告させていただきましたQA認定医試験合格の証明書がアメリカのQA本部から届いたので、早速、6年前にDr.シュミットの講義を受けた時に撮ったツーショット写真とともに、額に入れて、治療所に飾ってみました。

Img_3576_2

それと、QAHP QA Docs Near You"のページに原口先生と私の名前が掲載されていた欄に一部間違いがあったのが、正しいデータに修正されていましたので、改めて掲載させていただきます。

Qa_docs_near_youinternationa

Since August 26, QA certifying physician test pass certificates that we have reported in the article was received from the United States of QA headquarters, immediately, two-shot photos taken when receiving a lecture of Dr. Schmitt six years ago with, put on the forehead, I tried to decorate to the treatment plant.


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします。

2016年9月 2日 (金)

マニュアルメディスン機関誌Vol.98掲載原稿 その4

肝臓デトックスの段階

肝臓デトックスには、第1期の酸化と第2期の結合という2つの段階がある。第1期では代謝酵素(シトクロムP450)による酸化(水酸化)により脂溶性の物質を分解し水溶性に変換する。第2期では水に溶けさせるための結合が行われるが、この経路が10種類あり、そのうち5つの経路は、硫黄を含有する分子を必要とする。

デトックスの問題としては、第1期において水酸化された有毒物質が水溶性に変化したことにより、より毒性が増すことがある。また、フリーラジカルの生産過剰も生じる。フリーラジカルは、活性酸素ともいい不対電子をもつ原子であり、脂質、タンパク質、細胞膜、DNAなどにダメージを与える。そのため第1期から第2期への移行期に抗酸化物質を摂取し、フリーラジカルによるダメージに備える必要がある。肝臓デトックスには第2期の障害もあるが、第1期の問題の方がより深刻である。

肝臓デトックス・スクリーニングのための栄養素としては、第1期にはナイアシンアミドが、中間には抗酸化物質が用いられる。また第2期の結合では、硫黄、グルクロン酸、グリシン、メチオニン、グルタチオンなど各種のものが用いられる。

テクニックとしては内臓チャレンジを用いる。肝臓関連筋の大胸筋胸骨部の弱化が、肝臓VRP**を摘む(または擦る)と強くなる、もしくは肝臓NL***TLすると強くなることがインディケーターになるが、肝臓に問題がある場合、大胸筋胸骨部に過剰促通が起きている可能性もある。

 

肝臓デトックスに関してQAでは次のような理論に基づいて、治療手順が考えられている。まず『QA Book』より理論を抜粋し、次に簡略化した手順を紹介する。

 

第1期 肝臓デトックス

P-450経路を利用した酸化/ヒドロキシル化により、すべての分子は、まず最初に解毒される。第1期の肝臓デトックスは、第2期でのさらなる解毒を必要とする分子を作り出し、そのうえフリーラジカルをつくる。

P-450経路がNADPHを必要とする場合、肝臓VRPを擦るか摘まむことで強くなる弱化筋は、ナイアシンアミドに対しても好ましい反応(強くなる)が起こるであろう。

P-450経路が十分に働いているとき、SODによって弱化筋は強くなるが、抗酸化システムは第1期でつくられたフリーラジカルを取り扱うには不十分である。しばしば、リボフラビンはFADによるヒドロキシル化経路のために、好ましい反応をひき起こす。

 

第2期 肝臓デトックス

ステロイドホルモンは、硫酸塩とグルクロン酸との結合によって、第2期肝臓デトックス経路で解毒される。硫黄を含む食品(芽キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、ラディッシュ、マスタード、ターメリック、タマネギ、ニンニクなど)を食べることによって、食物中の硫酸塩は増えるかもしれない。L-システインの補充(通常500-1500mg/日)は、優れた源または硫黄になる。

グルクロン酸は、グルコースからの解糖を通じて作られ(エムデン-マイヤーホフ経路まで作り出される)、マグネシウムと最適な機能的糖代謝を必要とする。(食事の炭水化物の摂取量、インスリン産生と副腎機能を考慮する。)

結合経路は、硫酸化、グルクロン酸化、グリシン塩化、メチル化、アセチル化とグルタチオン結合を含む。難しい患者においては、すべての結合経路を、個々に評価する必要があるかもしれない。


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします。

2016年8月29日 (月)

マニュアルメディスン機関誌Vol.98掲載原稿 その3

毒とデトックス

今日の我々を取り巻く環境には、洗剤や化粧品などの日用品や食品中の添加物や農薬、さらには大気汚染など様々な有害物質があふれている。我々は知らず知らずのうちにそれらを摂取し、排泄できないものは体内に蓄積し、時にやっかいな健康問題を引き起こす。

それらの有害物質(有害ミネラルや重金属など)の体内からの排出を目的にしたデトックス(「解毒」や「毒抜き」などの意)が健康に関心のある人たちの中で注目され一定の市民権を得ているようにも思える。

有害物質は、脳、肝臓、腎臓、骨、脂肪組織などに蓄積するが、デトックスにおいて特に重視されるのは腸と肝臓になる。

 

QAの肝臓デトックス・テクニック

QAの肝臓デトックス・テクニックのコンセプトは「昔からあるコンセプトに、最新の科学を適応する」(Walter H. Schmitt D.C.,DIBAK,DABCN)ことであるが、その手順は少々複雑である。

まず、肝臓を評価する前に免疫系の治療を行う。これは低いサイトカインレベルを上昇させると、肝臓に負担をかけるかもしれないからである。次に内分泌を治療するのだが、この理由も低いホルモンレベルを上昇させると、肝臓に負担をかける可能性があるためである。

そしてもう一つが消化管の治療である。腸の毒素は、ディスバイオシスを引き起こす。ディスバイオシスは、悪性細菌症や腸環境異常、腸内菌共生バランス失調などとも称されるように腸内の善玉菌と悪玉菌のアンバランス状態であり、しばしば経口の抗生物質によって起こる。

QAにおいて解毒の対象となるのは、内因性のものとしては、内毒素(腸で発生した毒素)、ホルモン、神経伝達物質であり、外因性のものとして環境毒素、薬物、外因性ホルモン、食物などが挙げられる。


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします。

2016年8月26日 (金)

日本でのQAの認定医試験合格2人目!!

今年3月に、東京の原口悟史先生が、QAの認定医試験レベル2に合格したというご報告をさせていただきましたが、このたび、私、石田がQAの認定医試験のレベル1に合格いたしました。


QA
の認定医試験は、これまで英語での試験のみでしたが、3月に原口先生がレベル2まで合格したことで、原口先生による試験問題の日本語訳が出来たことで、私にも試験の道が開けたおかげです。


 
ありがとうございました。

Qa_docs_near_youinternational_2





2016年8月18日 (木)

マニュアルメディスン機関誌Vol.98掲載原稿 その2

QAでの化学物質過敏症

QAでは、化学物質過敏症は、代謝の問題や免疫系の問題、もしくは両方を引き起こす可能性があると考えられており、化学物質過敏症を引き起こす可能性のある主要な物質(ストレッサー)として、外因性の食事、化学物質、ホルモン、薬、内因性の神経伝達物質、ホルモンなどを挙げている。

治療手順としては、外因性および内因性のストレッサーに対して、チャップマン反射を応用した内臓チャレンジを用いてチェックしていく。化学物質過敏症の例として、香水、化学物質、煙などに対しては、スニフテストという嗅覚チャレンジを行う。

スニフテストによるチャレンジ陽性の場合は、全体的な弱化、もしくはチャップマン反射点へのTL*で弱化を示す。治療法としては、原因となっているストレッサ―と共に陽性のチャップマン反射点を擦るかIRTによる治療を行う。

胸骨下部のチャップマン反射は化学物質過敏症や重金属、その他の環境毒素と関係しているため、特にチェックが必要な個所である。また、化学物質過敏症では、物質を代謝する栄養素と活性酸素を抑える抗酸化物質という2つの栄養要素を考慮する。

ここでは化学物質過敏症の一例として、香水、化学物質、煙などへの過敏症に対するアルデヒド・スニフテストを紹介する。

 

アルデヒド・スニフ・テスト

1. アルデヒドによる嗅覚チャレンジを行うと強い筋が弱化する

2. 弱化を打ち消す適切な栄養素*を口に含む

3. アルデヒドで引き起こされる弱化を打ち消すチャップマン反射点を特定する

4. 患者がアルデヒドを嗅いだらすぐに、特定されたチャップマン反射点にIRTを行う

5. 正しく治療されたか確認するために、アルデヒドをかぎ再チェックする

*モリブデン、セレニウム、ナイアシンアミド、リボフラビン、鉄、E


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします。

«マニュアルメディスン機関誌Vol.98掲載原稿 その1

フォト
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • ブログランキング