« 苦手意識を克服する(選手インタビュー) | トップページ | マニュアルメディスン機関誌Vol91掲載原稿とその英訳 その2 »

2014年7月 2日 (水)

マニュアルメディスン機関誌Vol91掲載原稿とその英訳 その1

QA(Quintessential Application)とクエン酸回路系テクニックを利用した神経症の症例をとおして

 

Treatment practices for neurotic patients applying QA(Quintessential Application) and citric acid cycle technique

 

天津中医薬大学日本校客員教授

 

石田昭治

 

Shoji Ishida, Guest professor

 

 Tianjin University of Traditional Chinese Medicine 

 

はじめに Preface

 

手術が必要になるような大病の患者に対して、現代の医療現場では、総合病院で、内科、外科、放射線科、麻酔科等の医師たち、薬剤師や看護師、必要であれば、理学療法士や作業療法士、心理療法士らが連携し、検査~手術~術後のケアにあたります。

 

それに対して、カイロプラクティックの治療所に来ていただいた患者に、総合病院のような連携機能のない我々カイロプラクターが、どこまで、その患者の健康管理の役に立てるのか?

 

そこで、我々は、従前の構造学的に働きかけるアジャストメント、筋肉調整、これらが治療の柱であることに変わりはありませんが、これらに加え、神経学的要素を取り除くべくIRT(インジュリ・リコール・テクニック)QA(Quintessential Application)を取り入れたり、西洋薬や漢方薬の助けを借りたり、食事療法の指導もしながら、クエン酸回路系の栄養素(サプリメント)で神経学的な要素に対して働きかけていくことで、患者の日常的な変化や訴えに、できる限り対応して、治療成果に結び付けていこうと考えています。

 

In modern medical practice, serious patients who need operation are cured by many doctors and medical staff, such as physician, surgeon, radiologist, pharmacist, clinical nurse, and physical therapist, occupational therapist, and psychotherapist, if necessary, to execute inspections, operations and post-operation cares.

 

In contrast to general hospital which can provide co-operative function, to what extent chiropractor can do for patient? 

 

Our basic curing policy is to adjust structural and muscle balance, and additionally to adopt IRT and QA to remove neurotic cause. Further, with the help of western medicine and Chinese medicine and dietary cure guidance, we will try to cure patient by stimulating neurotic factors by citric acid cycle supplement to meet their daily claims as much as possible.  

 

 

 

 漢方薬に関しては、必ずしも医師の処方箋は必要ない場合もありますが、新薬(西洋薬)との併用禁忌や、漢方薬の複数使用で、含有生薬が重なっていて、特定生薬の多量接種の可能性もあるので、それらのチェックのためにも、医師の診断を受け、新薬(西洋薬)、漢方薬もらうように、患者さんにお願いしています。

 

 It is not always necessary to get doctor’s prescription for Chinese medicine, but to avoid contraindications for coadministration against western medicine or over-dosage of the same herbal medicine, it is recommended for patient to see a doctor for medicine dosage.

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします。

« 苦手意識を克服する(選手インタビュー) | トップページ | マニュアルメディスン機関誌Vol91掲載原稿とその英訳 その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • ブログランキング