« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月29日 (月)

マニュアルメディスン機関誌Vol.98掲載原稿 その3

毒とデトックス

今日の我々を取り巻く環境には、洗剤や化粧品などの日用品や食品中の添加物や農薬、さらには大気汚染など様々な有害物質があふれている。我々は知らず知らずのうちにそれらを摂取し、排泄できないものは体内に蓄積し、時にやっかいな健康問題を引き起こす。

それらの有害物質(有害ミネラルや重金属など)の体内からの排出を目的にしたデトックス(「解毒」や「毒抜き」などの意)が健康に関心のある人たちの中で注目され一定の市民権を得ているようにも思える。

有害物質は、脳、肝臓、腎臓、骨、脂肪組織などに蓄積するが、デトックスにおいて特に重視されるのは腸と肝臓になる。

 

QAの肝臓デトックス・テクニック

QAの肝臓デトックス・テクニックのコンセプトは「昔からあるコンセプトに、最新の科学を適応する」(Walter H. Schmitt D.C.,DIBAK,DABCN)ことであるが、その手順は少々複雑である。

まず、肝臓を評価する前に免疫系の治療を行う。これは低いサイトカインレベルを上昇させると、肝臓に負担をかけるかもしれないからである。次に内分泌を治療するのだが、この理由も低いホルモンレベルを上昇させると、肝臓に負担をかける可能性があるためである。

そしてもう一つが消化管の治療である。腸の毒素は、ディスバイオシスを引き起こす。ディスバイオシスは、悪性細菌症や腸環境異常、腸内菌共生バランス失調などとも称されるように腸内の善玉菌と悪玉菌のアンバランス状態であり、しばしば経口の抗生物質によって起こる。

QAにおいて解毒の対象となるのは、内因性のものとしては、内毒素(腸で発生した毒素)、ホルモン、神経伝達物質であり、外因性のものとして環境毒素、薬物、外因性ホルモン、食物などが挙げられる。


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします。

2016年8月26日 (金)

日本でのQAの認定医試験合格2人目!!

今年3月に、東京の原口悟史先生が、QAの認定医試験レベル2に合格したというご報告をさせていただきましたが、このたび、私、石田がQAの認定医試験のレベル1に合格いたしました。


QA
の認定医試験は、これまで英語での試験のみでしたが、3月に原口先生がレベル2まで合格したことで、原口先生による試験問題の日本語訳が出来たことで、私にも試験の道が開けたおかげです。


 
ありがとうございました。

Qa_docs_near_youinternational_2





2016年8月18日 (木)

マニュアルメディスン機関誌Vol.98掲載原稿 その2

QAでの化学物質過敏症

QAでは、化学物質過敏症は、代謝の問題や免疫系の問題、もしくは両方を引き起こす可能性があると考えられており、化学物質過敏症を引き起こす可能性のある主要な物質(ストレッサー)として、外因性の食事、化学物質、ホルモン、薬、内因性の神経伝達物質、ホルモンなどを挙げている。

治療手順としては、外因性および内因性のストレッサーに対して、チャップマン反射を応用した内臓チャレンジを用いてチェックしていく。化学物質過敏症の例として、香水、化学物質、煙などに対しては、スニフテストという嗅覚チャレンジを行う。

スニフテストによるチャレンジ陽性の場合は、全体的な弱化、もしくはチャップマン反射点へのTL*で弱化を示す。治療法としては、原因となっているストレッサ―と共に陽性のチャップマン反射点を擦るかIRTによる治療を行う。

胸骨下部のチャップマン反射は化学物質過敏症や重金属、その他の環境毒素と関係しているため、特にチェックが必要な個所である。また、化学物質過敏症では、物質を代謝する栄養素と活性酸素を抑える抗酸化物質という2つの栄養要素を考慮する。

ここでは化学物質過敏症の一例として、香水、化学物質、煙などへの過敏症に対するアルデヒド・スニフテストを紹介する。

 

アルデヒド・スニフ・テスト

1. アルデヒドによる嗅覚チャレンジを行うと強い筋が弱化する

2. 弱化を打ち消す適切な栄養素*を口に含む

3. アルデヒドで引き起こされる弱化を打ち消すチャップマン反射点を特定する

4. 患者がアルデヒドを嗅いだらすぐに、特定されたチャップマン反射点にIRTを行う

5. 正しく治療されたか確認するために、アルデヒドをかぎ再チェックする

*モリブデン、セレニウム、ナイアシンアミド、リボフラビン、鉄、E


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします。

2016年8月10日 (水)

マニュアルメディスン機関誌Vol.98掲載原稿 その1

7QA(Quintessential Application)勉強会に参加して その2

天津中医薬大学日本校客員教授

石田昭治

 

 523日~24日に、東京で開業されている原口悟史先生(カイロプラクティック原口院長・マニュアルメディスン研究会正会員)を講師にお迎えして、表記の勉強会を神戸で開催しました。201111月から始まり今回で7回目です。

(以下、概論は原口悟史先生資料。最後の臨床例は石田資料です。)

 

化学物質過敏症とアレルギー

症状改善が難しい患者によく見られるものに化学物質過敏症とアレルギーがある。

化学物質過敏症は、薬物中毒やアレルギーに類似点も多いが、異なる点がある。類似点としては、ある程度の化学物質に暴露されていったん過敏性を獲得する(感作)と、その後極めて微量の化学物質に暴露されることで発症する(発作)という2つの段階を経て発症することである。また、同じように暴露されても発症する人としない人がおり、発症した場合の個人差も大きい。一方、異なる点としては、アレルギーが免疫反応によるものなのに対し、化学物質過敏症は自律神経への作用が主で、他にも免疫系や内分泌系も関与しているとされている。

化学物質過敏症については、発症原因や症状、化学物質の摂取許容量などの個人差が大きい。現在、化学物質過敏症の原因となる化学物質は確認されているだけでも数十種類はあるとされている。それには、ダニ、カビなどの他、心因性によるものも含まれると考えられており、アレルギーに比べ非常に多岐にわたっている。他にも化学物質過敏症は、物理的刺激や精神的ストレスがあると発症しやすいとされている。

症状としては、粘膜刺激症状(鼻炎や結膜炎、喉の痛みなど)、免疫系症状(皮膚炎、気管支炎、喘息、自己免疫疾患など)、循環器系症状(動悸や不整脈)、消化器系症状(下痢、便秘、悪心など)、自律神経症状(発汗異常、手足の冷え)、疲労、精神症状(不眠、不安、うつなど)、痙攣などの中枢神経障害、頭痛、発熱、末梢神経症状(運動障害、知覚異常)など非常に多岐にわたる。

この症状の多様さから患者が訪れる医療機関も様々で、そのために適切な診断や治療を受けられないことも多い。医学界では化学物質過敏症について今日に至っても懐疑的な見解も多く、主要な学会からはその診断名を拒否されているのも現状もある。また、海外においても、化学物質過敏症を特定の疾患として認めることに否定的な見解が多く、心身症と考える意見が強いようである。


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします。

2016年8月 3日 (水)

第29回全関西空手道選手権大会

7月3日(日)、上記の大会が、大阪の府民共済SUPERアリーナ(舞洲アリーナ)で開催され、いつも石田カイロプラクティックで、IRT感情ポイント等で施術させていただいている間瀬場亮選手が、無差別級で優勝されました。

おめでとうございます。

ビデオは、全試合のそれぞれの抜粋です。


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • ブログランキング