« マニュアルメディスン機関誌Vol.98掲載原稿 その6 | トップページ | マニュアルメディスン機関誌Vol.100原稿 その4 »

2016年11月 8日 (火)

マニュアルメディスン機関誌Vol.99号原稿 その1

8QA(Quintessential Application)勉強会に参加して

天津中医薬大学日本校客員教授

石田昭治

 

 20151212日~13日に、東京で開業されている原口悟史先生(カイロプラクティック原口院長・マニュアルメディスン研究会正会員)を講師にお迎えして、表記の勉強会を神戸で開催しました。201111月から始まり今回で8回目、資料のQA(Quintessential Application)ビデオシリーズ全15巻、最終段階です。

 

感情ストレスが免疫機能に及ぼす影響と検査・対応テクニックについて

 

免疫と視床下部・感情ストレス・内臓の相互関係

 

 免疫系は視床下部に影響し、視床下部もまた免疫系に影響を与える。免疫系は、2次的に感情ストレスを起こしうるし、感情は視床下部に影響する。感情は免疫系に影響しうる。そして、免疫系は、中脳辺縁系経路を通じて感情に影響を及ぼす可能性がある。
 また、視床下部は、化学的にそして自律神経運動経路を通じて内臓に影響を与えうるし、内臓は、視床下部に、化学的にそして感覚経路を通じて影響しうる。

 それらの相互関係から、筋、クラニアル、TMJ、そして内臓のアンバランスが生じる。

 

アンモニア・スニフ・テスト(アンモニア嗅ぎテスト)

 

 人体においてアンモニアは、欠かすことが出来ないものであるが、老廃物でもあり代謝され取り除かれなければならないものでもある。

 アンモニアは、タンパク質代謝(アミノ酸の合成と分解)など、多くの代謝経路において重要な役割を果たし、3つの代謝経路によって排泄される。

・尿素回路

・プリン(- 尿酸)

・クレアチニン

 そこで、アンモニアを用いて、神経伝達物質の問題を含む何らかの神経学的問題、月経や月経前の水分鬱滞の問題、慢性または難治性の問題、長距離アスリートの問題を確かめるためにテストする。

 

強い筋肉を特定する

1. 嗅覚チャレンジを行なう:アンモニアを嗅ぐ-もし筋の弱化が起これば:

2. 弱化筋を強くするアンモニア代謝に関係する栄養素をテストする:

B-6 / P-5-Pモリブデン、鉄、CAC補助因子、B-1, B-2, B-3、マンガン、B-5、リポ酸、

ビオチン、マグネシウム、アルギナーゼ(マンガンを必要とする)

3. アンモニア・スニフ・テストでの弱化を打ち消す栄養素を特定するテストをする

4. アンモニア・スニフ・テストでの弱化を打ち消すチャップマン反射点を(TLによって)特定する

5. 患者がアンモニアを嗅いだ直後に特定されたチャップマン反射点をIRTによって治療する

6. 治療が正しく行われたか確認するためにアンモニアを嗅いで再チェックする

7. アンモニア・スニフ・テストでの弱化を打ち消す栄養素を摂取する。


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします

« マニュアルメディスン機関誌Vol.98掲載原稿 その6 | トップページ | マニュアルメディスン機関誌Vol.100原稿 その4 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902975/68339448

この記事へのトラックバック一覧です: マニュアルメディスン機関誌Vol.99号原稿 その1:

« マニュアルメディスン機関誌Vol.98掲載原稿 その6 | トップページ | マニュアルメディスン機関誌Vol.100原稿 その4 »

フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • ブログランキング