« マニュアルメディスン機関誌Vol.99号原稿 その5 | トップページ | マニュアルメディスン機関誌Vol.100原稿 その2 »

2016年12月26日 (月)

マニュアルメディスン機関誌Vol.100原稿 その1

QA(Quintessential Applications)勉強会を終えて

 

天津中医薬大学日本校客員教授

石田昭治

 

まず最初に、今号、MANUAL MEDICIEN100号の発行、おめでとうございます。

今、私の手元には、9号から99号までの機関誌が保管されています。そして、そのうちの30冊以上に私が寄稿させていただいた文章を掲載いただき、ありがとうございます。

近年、私がライフワークとして関わっているQAテクニック、そしてその大元であるAKテクニックを最初にご紹介いただいたのは、実は大場先生です。

韓国のDr.LeeのところでAKテクニックのセミナーがあるが一緒に行かないか、とお誘いいただいたのが、そもそもの始まり。

その後、日本国内で行われた数々のAKセミナーに参加し、その中で知ったQA(Quintessential Application)テクニックを勉強したいと思い立ち、大学の同窓生でもある東京の原口悟史先生のご協力のもとに、QAの勉強会を始めました。

そして、201111月から始まりこのほど、QA(Quintessential Application)ビデオシリーズ全15巻分の勉強会がすべて終了致しました。

(以下の文章は原口悟史先生資料。最後の臨床例は石田資料です。)

 

今回が、QA(Quintessential Applications)について発表させていただく最後になります。

そこで今回は趣を変えて、これまでとは異なった視点からQAについて概括をしてみたいと思います。

まず、最初に今シリーズの終了にあたって、また本誌が100号を迎えることに対してQA創始者・Dr. Walter Schmittから全幅の信頼を受けQA全般に関わる責任者でもあるDr. McCordに祝辞をいただいたので紹介させていただきます。

Quintessential ApplicationsQA)コースがICAK-Japanの会員*によって通信教育カリキュラムで始められてから、4年以上が経ちました。 

彼らは小さいながらも重要なグループとして勉強とワークショップを続け、共通のゴールを目指しQAの全カリキュラムを完遂しました。さらにその間にも、『MANUAL MEDICINE』誌に、QA臨床プロトコルの様々な特徴を連載形式で発表しました。

 

この仕事が完了したことにより受験資格を持つ彼らの一人・原口悟史は、QA 実力試験(レベル1とレベル2)に合格しました。そして、彼は他の人々が彼に続くことができるようにと願い、QA実力試験を日本語に翻訳しました-この種の初めての翻訳であり、驚くべき業績です!

 

最後になりましたが、この『MANUAL MEDICINE』誌が100号を迎えることと、QAに関する連載記事が終了することを我々は知らされました。

そのような責任を担った関係各位の努力と、長きにわたる献身を思い、我々はあなた方の素晴らしい業績に心からのお祝いを述べます!

 

Kerry M. McCord, DC, DIBAK

*ICAKとはアプライドキネシオロジーの国際組織であるInternational College of Applied Kinesiologyのことで文中では石田先生と筆者を指しています


にほんブログ村←ブログランキング参加中 クリックお願いします

« マニュアルメディスン機関誌Vol.99号原稿 その5 | トップページ | マニュアルメディスン機関誌Vol.100原稿 その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902975/68340193

この記事へのトラックバック一覧です: マニュアルメディスン機関誌Vol.100原稿 その1:

« マニュアルメディスン機関誌Vol.99号原稿 その5 | トップページ | マニュアルメディスン機関誌Vol.100原稿 その2 »

フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • ブログランキング